読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもしろい事・作品

おもしろい事・作品について記述したブログです。

Planet Biology_人種依存的麺文化_⑧

「そんな、だっておかしい。ありえない」

 両手で口を覆いながら、何度も画面を見直す蘭子。ただ何度見ても黄色がかった麺ではなかった。

「うん、みんなさっきとは違う答えにいたったみたいだね。ただ答えを決めるのにはちょっと足りないかな。他のサンプルも観察してみようか」

 そういって、店内の他の客、他の麺料理店、の丼にスライドしていった。同じ表示設定で、”麺料理“をクエリーとして投げて検索をかけたらしい。表示されたその映像には、上に乗っている具材は違えど、麺はどれも”そうめん”だった。

「どうやら、この街の麺料理はどれも同じ種類の麺を使っているみたいだね。ラーメンとは異なる」

「でもね、自分はこれでもまだ、一つの答えに至るには弱いと思うんだ。ちょっと季節を一つタイムスライドしていいかな」

「ど、どうぞう…」

 ショックを受けている蘭子は絞り出すように院生に返答した。

 院生は設定を「A.C.2000,Autumn」から「A.C.2000,Summer」に変え、Planetをタイムスライドさせた。Planetは1/4回転した所で止まり、画面には先程と同じ伊太利亜中華街が景色を変えて映しだされた。サンサンと照りつける太陽。ダイナマイトボディがギリギリまで露わになる店頭ガール。季節は一つ巻き戻り夏になった。

「じゃあさっきと同じ麺料理屋に入るよ」

 院生はマニュアルモードで操作し、画面を店内へと移した。

 

 

 厨房は前と変わらず湯気が立っていたが、テーブルの上の料理は明らかに違う様相を呈していた。秋にお客の前にあった麺丼は姿を消し、代わりにガラスの大皿が並んでいた。その上には白く透き通った麺が折りたたまれ、所々に溶けかけた氷が添えられている。大皿の前には透明感のある茶褐色のスープが入ったお猪口と、生姜、ミョウガ、青ネギなどの薬味が入った小鉢が置かれていた。

 画面上の清涼感あふれる麺料理もまた、アレであった。

 

「冷たい‥そうめん」

 蘭子はほうっとした顔で、画面上にある料理名を唱えた。

 映像は他の客、他の麺料理店へとどんどん切り替わるが、どれもそれも、冷たいそうめんであった。

 蘭子は映像を疑って何度も見直すのを諦め、ただただ自分が見落としていた結果を見つめた。

「これで最後にしようとおもうんだけど‥。これは、いま観察していてたまたま目に入ったんだけど」

 院生はそう言うと、店頭の看板に画面が切り替わった。

 2-0からのダメ押しからの3点目がゴールネットを揺らした。と同時に、自分は数分前の誤ったバイアスを思い出した。

《中華街に軒を連ねるお店にはどこも「麺」の文字が入った名前。単に中華街という訳ではなく、ラーメン店を中心とした中華街なのだろう。》

 自分もいつの間にか蘭子の提唱するラーメン愛にほだされ、バイアスがかかっていたのだ。「麺」という字を見たら「拉麺」に自動変換されるほどに。

 

お店の看板には「素麺」の二文字が描かれていた。

 

他のお店を見ても、

「元祖素麺屋」

「素麺一番」

「チキン素麺」

「台湾素麺」

「素麺太郎」

「素麺二郎」

「素麺豚野郎」

「素麺大好き小池さん」

「素麺ズ~不思議な国のニポン~」

 …etc.

 と言った具合に、「拉麺」屋だと思って店はすべて「素麺」屋だったのだ。最後の方はなんかちょっと怪しいが。

「看板の結果は直接的には関係ないけど、これらの形態学的観察を持って判断するならラーメンというよりも『そうめん文化が形成された』というのが妥当なんじゃないかな」

 そう言って院生は操作画面から頭をあげ、蘭子の方を見た。

「自分もまさか、ここまで違う側面が見えて来るとは‥、って驚いたよ」

「科学って恐いね」

 その恐ろしさを身を持って体感しているのは間違い無く隣にいる蘭子であろう。次点で自分。

「で、でも‥」

 視線を下に向け、声を震わせて蘭子は話し始めた。

「こんなことありえない。だって、この実験であり得る結果はこの2つしかないはずだもの‥」