読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもしろい事・作品

おもしろい事・作品について記述したブログです。

Planet Biology_人種依存的麺文化_③

 秋風が通り過ぎ寂しい笛となる。

 映し出されたのはそんな寂れた南イタリアの空き家。

 

 残念ながらしゃもじを持ったヨ●スケはおらず、その代わりに絶望した顔でテーブルを囲う3人の中国人がいた。

『アイヨー、ホント辺鄙なところに連れてこられたアルー!』

『白くて顔がゴツゴツしたやつらしかいねーし』

『食ってるものも全然違います』

『ワタシミタヨ。あいつら腐った牛乳を固めた物を、赤い血のジュースと一緒

 においしそーうに食べてたアル』

『信じられねー』

『でも…私たちもそのうちそうなってしまうのではないでしょうか』

『そうネ。ここには私達の知ってる食べ物も飲み物もナイ。

 朽ち果てるか、生き血を啜り、腐った牛乳を飲むしかないアルヨ』

『まじかよ…』

『…のう』

『どうシタ?』

『なんだ?』

『もうこうなったら死ぬしかないですよ!人間としての尊厳を捨て、いつ戻れるともわからない異世界で生き永らえるくらいならいっそ!』

『まっ、まぁ落ち着くアルっ』

『そうだそうだ、そんないきなり死ぬなんてぶっとびすぎだって。とりあえず飯でも食ってからこれからのこと考えようぜ』

『そうネ、こんな辺鄙なところだけど小麦は見つけたヨ。これがあればアレが作れるネ』

『そうだなあれが作れるな』

『あれって…?』

 2人して小麦を持ち、声を合わせて言った。

『湯餅!!』

 

 -ブチッ-

 テレビの電源が切れるように拡大コンソールの画面が閉じた。

 と同時に、キラキラと目を輝かせ両手を顔の近くで組み、うっとりした顔の蘭子が黒板の前に出てきた。

 「まぁ、何て素晴らしいんでしょう!故郷を離れても再現されるラーメン発生過程!今まさに私たちのラーメン文化発生機構のロバストネス(頑強性)が証明されようとしているわっ!」

聴衆のみならず、発表者の自分までおいてきぼりだ。ちょっとツッコミ。

「蘭子ちょっと待て。あいつらが作り出したのはラーメンじゃないぞ。あと、もっと根本的なこと言うと、見ればわかると言って発表し始めた移植実験。結果どころか目的も理解できていない人が大多数だ。ちゃんと目的から説明してくれ」

 うんうんと頷く同級生たち。かくいう自分もよく理解できていない。

 そんな同級生を見て蘭子の目にも焦点が戻る。いつのまにか自分の役割は発表者ではなく、蘭子の覚醒者となってる。

「そうね、実験見てもらってみんなも雰囲気が掴めてきたと思うし、改めて本実験の目的と方法について説明するわね」

「本実験の目的は…」

 と言って聴衆に背を向け、黒板に文字をかき始めた。

 

「人種依存的麺文化発生機構の証明」

 

「です!」と言いながらくるっと聴衆の方に体を向けた。

「私は昔から思っていたことがあるの」

「それはね…、なんでこんなにも私はラーメンが好きなのだろうってこと」

 うん。クソどうでもいい。

「いろいろラーメンを食べ…考えているうちに私は気付いたの」

 おい、食事の合間の妄想だって吐露してるぞ。

「私たちのラーメン文化はゲノムに刻まれていて、そしてその文化発生機構はロバストネスなんじゃないかって」

「パスタとかは知らないけど、少なくともこのラーメンゲノムはどこの世界、どこの国に行っても再現される。そう、土地という名の環境要因に左右されずにっ!」

 みなさん理解いただけただろうか。俺は理解できたが、こんなことに俺の進級が弄ばれていると思うと納得がいかない。

「このことを証明するために、中国人をイタリアに移植してその後の麺文化の発生を見ることにしたの。今回移植に使ったのはラーメン文化の伝播ルート上の中国人。その中でも発祥地に近い人を選抜してきたわ。私の仮説が正しければ、移植後、彼らはラーメンを必ず作り始めるでしょう」

こういう実験を思い浮かぶ所は素晴らしい。納得はいかないが。

「ふう。こんな感じで伝わったかしら」

 と言い。蘭子は教室を見回した。

 一通り説明し終わって満足げな顔をしているが、まだ話が2つが抜けているぞ。

「蘭子、中国人の方の話は十分だが。イタリア人はどうなると想定してるんだ?」

 質問を投げかけると、蘭子はあまりに乗り気じゃない顔で話し始めた。

「あー、中国に移植したイタリア人の話?多分パスタでも作り始めるんじゃない。いちようそれっぽい地域の人たち移植したし」

目線を下に向けてさらさらっとした口調で答えた。

「あーでも、あいつら性格なよなよしてるし、ラーメン作りはじめちゃうかもね(笑)

」メインテーマでない所を突っ込まれてやる気のない蘭子。

 授業なんだからそういう答え方止めてくれ。発表の雰囲気だけでなく、教授やチューターの印象まで悪くなる。

 

 自分が結果発表以外の所でも気に病んでいると、聴衆の一人が手を挙げた。

「蘭子ちゃん質問してもいい?」

 さっき発表前に話しかけてくれた同級生だ。

「いいわ。なんかわからないところあったかしら?」

 両腕を組んだ蘭子がどんな質問でもバッチコイといった姿勢で聞き返す。

「さっき蘭子ちゃん、湯餅?っていうのを作り始めた中国人を見て『ラーメン文化発生機構のロバストネスが証明されようとしている』って言ってたけど、あれはどうゆうことなの?」

「結局ラーメンはまだ作っていないよね」