読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもしろい事・作品

おもしろい事・作品について記述したブログです。

Planet Biology_人種依存的麺文化_②

 実習チューターの院生がスクリーンの前に立ち、各班発表の号令を出した。 

 それを聞いた学生達がUSBを持ってぞくぞくと前に集まる。

 実験結果をまとめたパワーポイントファイルもぞくぞくとパソコンの中に入る。

 自分達の班だけを除いて。

 ついに来てしまった。

 「正史君の班は発表しないの〜?」自席から全く動かない自分と蘭子を不思議に思ったのか、他の班の子が声をかけてきた。

 「まぁ、自分らはパワポ使わないでやるんで‥、へへ」

 「へ〜、珍しいね。パワポ使わないってことは直に黒板?リアルタイム解析?どうす んのかな〜。」

 答えを期待して、疑問顔でこちらに目を合わせてくる同級生。

 ほんとどうすんでしょうね。

 「まっ、発表がんばってね〜」

 自分のイエスでもノーでもない顔を察して、同級生は自席に戻っていった。

 すみません。

 本当は間に合ってないだけです。

 「こいつのせいで‥」

 振り向くと、昨日とは打って変わって、Planetから目を離さない蘭子がいた。両手で顔の下半分を覆い、息をひそめ、微動だにしない。午前中からずっとこの姿勢である。

 自分が何を聞いても心配しても、

「うん、発表には間に合うから」と、サンプルを凝視したまま空返事。

 そろそろ本気で単位が心配だ。

 先ほど4月ぶりにカリキュラムを確認した。どうやら自分がこの授業を落とすと3年次留年が確定するらしい。さよなら4年生。

 

 自分らの順番は一番最後だとはいえ、もう1時間もない。

 「‥だいじょぶかー。」

  声をかけてもこちらを振り返らない。

 人生諦めも大事。おとなしく他の班の発表を聞いてよう。

 「それでは、1班から」院生のだるそうな声で楽しい発表の時間が始まった。

 

 どの班も与えられた課題実験をそつなくこなし、ちゃんと発表していた。また発表の良し悪しはあれど、流石にデータなしの班はいなかった。

「‥はい、9班の方ありがとうございました。それでは最後、10班お願いしまーす」

 院生が自分らのテーブルを見て発表するよう促す。

 他の班も自分らを見る。

 ううむ。どうしたものか。発表しようにも出すものが…

「はい!!!」

 ん?

 さっきまで、全く動きを見せなかった蘭子の目が輝いている。昨日、とんでも実験計画を宣言したときと同じ目だ。

 蘭子はPlanetを小脇に抱え、教室前方へと早歩きで出て行った。自分も追いかけるように前に出た。

 

「ドン!」

 

「それでは発表を始めます。班員は私、蘭子と正史君です」

 

 黒板の前の長机にPlanet観察用のCCD顕微鏡(カメラ直結型顕微鏡)をセットし、自分らの班のPlanetを据え、発表を始めた。他の班とは打って変わったスタイルに驚いたのか、教室が少しざわついた。後ろで船を漕いでいた教授も目を覚ました。

「細胞の運命決定は自立的、非自立的の二つのパターンがあると考えられてきました。」

「要は細胞の運命が、まわりの因子に依存せずその細胞自身で決まっているのか、それともまわりにある因子によって決まっていくのか。ってこと」

「これは20世紀及び21世紀の発生生物学で多くの学者が様々な生物、生命現象を例に出して実証してきました。」

「あなた。どんなものがあるかわかる?」

 と言って、いきなり自分の方を指してきた。聴衆の視線も自分にシフト。

「えっと、何があったかな…」すぐ出てこないと思ったら、昨日の履歴に引っかかった。

「フォークトの交換移植実験とか?予定神経域と予定表皮域のやつ」

 丁度昨日、一般生物の授業について蘭子と話してたじゃないか。

「随分な古典を引用したわね。素晴らしい!正史君はよく勉強しているわ」

 偉そうなやつめ。お前は先生か。

「そう。フォークトの話がわかりやすいわねっ」

「みなまで説明しないけど」

「要は、その細胞、細胞集団の運命はいつ決まるのかって話」

「ほっとけば神経になる細胞が、表皮の所に植えてやれば表皮になる」

「更に発生進んでから表皮植えると、元の運命にしたがって神経になるといった具合に」

 聴衆の頭にクエスチョンマークがぽつぽつと勃起し始めているのが見える。

 蘭子。お前は何が言いたいんだ。Planetの実験なのに、さっきからしているのは発生生物学、細胞生物学の説明だぞ。

「でもね、私はその概念って、もっとマクロな世界にも展開できるものだと思うの。例えば…」

 自分の世界に入り、斜め上やPlanetを見ながら話していた蘭子がやっと聴衆に目を向けた。

 流石の蘭子もクエスチョンマークの大量発生に気づいたらしく、思案顔になり、話を少し止めた。

「あっ、ちょっと背景説明が長すぎたかしら。とにかく私が今回行ったのは…」

 

「中国とイタリアの麺文化交換移植実験!」

 

ぶぁあ〜ん

 

ドンとある胸を張る蘭子。銅鑼の効果音はイメージである。

 

 みな口を開けてポカーン。エクトプラズムが出てきそうな勢い。あたりは静

まり返っているのに、なぜか得意げな蘭子。

サッカーに例えるなら、一番奥のサイドに展開していたボールをゴール前にクロスで折り返すと思ったら観客席にロングシュート。ボールは戻って来なかった。といった具合だ。野球派の方々失礼。

 

「説明するより見てもらったほうが早いわね。すみません、CCDの電源入れてもらってもいいですか?」と院生の方を見て言う。

 院生がスイッチを押すと、CCDを接続したテレビ画面にPlanetの特定地域拡大コンソールが表示された。

「今、画面に映っているのが、ラーメン文化が確立される前の中国になります」
そう言うと蘭子はPlanetの回転スイッチを押した。Planetが回転し、今度は地中海の映像が出てきた。

「で、こっちがパスタ文化が確立される前のイタリアです」

「すごく原始的な手法ですが、今回は、人を”文化伝達媒体”と見なし、民族交換移植実験を行います」

「なるべく、民族以外の違いが出ないようにするため、交換移植する人数、構成性別、構成年代、構成体型はなるべく同一のものになるようにしました」

「それでは移植後から移植後1世紀までの両エリアの発生をお見せします」

 蘭子はPlanetの再生スイッチを押して、ここまでの発生過程を再生しはじめた。

 「まずは移植後0.5日の中国人から」

 スクリーンに地中海に面したイタリアに降り立った中国人が映し出された。

 見知らぬ土地に強制的に連れてこられた中国人が言い争っている。

「ははっ、みんな戸惑ってますね〜、じゃあこの日の夕食を観察してみましょう」

 

「突撃!移植後の晩御飯!」

Planetが半周して、夕食を食べる中国人達が映しだされた。