読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもしろい事・作品

おもしろい事・作品について記述したブログです。

スクリーンショット:意外と知らない人が多いSnipping Tool

情報技術

今日は、意外と知らない人が多い「Snipping Tool」について紹介します。

Snipping Toolスクリーンショット用のソフトです。正確には「画像の一部をキャプチャし、画像を保存または共有、あるいは画像にコメントを追加することができる」ツールだそうです。

このソフトはWindows系のパソコンにデフォルトで入っています。少なくとも、プライベート用のVistaと仕事用のWindows7には入っていました。

f:id:samaken:20150606113604p:plain

使い方は簡単!

windowsボタンを押して、左下の検索フォームで「Snipping Tool」と打つ。

f:id:samaken:20150606114734p:plain

Snipping Toolをクリックし、起動する。

すると、ちっちゃなSnipping Toolsの操作画面が出てきます。

f:id:samaken:20150606114936p:plain

③新規作成を押してある状態にして、カーソルでスクリーンショットしたい範囲を選択する。

f:id:samaken:20150606115355p:plain

④選択すると、このようにスクリーンショットの結果画面が出てきます。

f:id:samaken:20150606115744p:plain

⑤スクショ画像を保存しておきたい場合は、ファイル→名前付けて保存、をしましょう。これでスクリーン場の情報が画像ファイルになりました。これで修了です!

お疲れ様でしたm(_ _)m

f:id:samaken:20150606120427p:plain

ちなみに選択方式は四角形以外もできます。また、ファイルの保存形式はPNG,GIF,JPG,単一ファイルHTML(MHT)が選べるようになっています。

似たような処理をPrint Screenキーでもできます。が、こちらはいちいちペイントを開かなくてはいけないので、好きじゃないです。画像加工したい人はいいかもですが。

 

今回、知らない人が多いと気付いたのは会社の研修で、エビデンス(求めてるプログラムが作れているか、スクリーン上の処理画面を撮影して、それを見せて示す事)を作成していたときです。

自分がSnippingToolsってのがあるって話をすると、95%くらいの人が知らなかったと答えました。

で、SnippingToolsのが使いやすいと言う人ばかり(笑 中には情報系出身の人でも知らない人がいました。

結論としては、エビデンスを取るだけだったら加工もしないし、必ずファイルとして残すので、SnippingToolsが便利かなぁ。という感じです。

 

☆おまけ☆

ちなみに、今回の記事に添付した画像を作製するために、Print Screenも使いました。

なぜかって?

Snipping ToolではSnipping Tool自身はスクリーンショットできないからです(笑